2006年09月21日

サッカー ゴールキーパーバイブル

〓[〓〓[〓[〓〓〓〓.jpg


現代サッカーのゴールキーパーは、一昔前に比べ役割も大きく変化しています。ゴールキーパーとしての基本技術はもとより、そのキーポイントやトレーニング方法を明確かつ詳細に記しています。
 
 著者のアレックス・ウェルッシュ氏は、英国サッカー協会のゴールキーパー部門に所属しており、この本の内容が実際の英国ゴールキーパーコーチ養成の現場で使用されています。また、昨年初めてアジアサッカー連盟で開催されたゴールキーパーインストラクターコースでも、この教本がカリキュラムの一部として使用されています。

価格:2,310円(税込)






数量 










 

図解 ゴールキーパーのトレーニング766

〓〓[〓〓〓??????.jpg

 766ものトレーニング例を挙げているのも大変参考になりますが、私が感じるこの教本最大の特徴は、「トレーニングのテーマを絞りやすい」という点です。

 基本的なスキルのトレーニングはもちろん、アジリティ、調整力、勇気、判断力といったゴールキーパーに必要な要素を養うためのトレーニングアイデアが豊富に記載されています。ただし、全編イラストですので、写真によるリアリティーを求める方には不向きといえるでしょう・・・。

価格:2,310円(税込)

ISBN:4-469-26399-0序章 ゴールキーパーのテクニック

第1章 ウォーミングアップ
 1.ゴールキーパーがひとりで行うウォーミングアップ
 2.少人数のグループで行うウォーミングアップ
 3.チームメイトと一緒に行うウォーミングアップ

第2章 コンディショニングトレーニング
 1.可動性
 2.敏捷性
 3.巧緻性
 4.行動と反応スピード
 5.瞬発力
 6.筋力
 7.局所持久力(筋持久力)
 8.障害物を使う

第3章 調整力を高めるトレーニング
 1.調整力を高めるための補強トレーニング
 2.調整力を高めるための総合トレーニング

第4章 テクニックトレーニング
 1.キャッチング
 2.ディフレクティブ
 3.パンチング
 4.足を使ったディフェンス
 5.ゴールキックとパンとキック
 6.スローイング

第5章 タクティックトレーニング
 1.状況に応じたプレー
 2.飛び出し
 3.プレーの組み立て
 4.セットプレー

第6章 フィールドプレーヤーとのトレーニング
 1.2人のゴールキーパー
 2.ゴールキーパー対フィールドプレーヤー
 3.2人のゴールキーパー対フィールドプレーヤー

第7章 ゴールキーパーのためのテスト

第8章 いろいろな物を利用したトレーニング
 1.テニスボールを使って
 2.風船を使って
 3.シューティングボードを使って
 4.ペンデルボールを使って
 5.メディシンボールを使って
 6.ラグビーボールを使って




数量 











2006年09月19日

サッカーのゴールキーパー育成法〜ジュニアからユースまで〜

〓〓〓〓.jpg


古くはゼップ・マイヤーやハラルト・シューマッハー、近年ではボド・イルクナーやアンドレアス・ケプケ、オリバー・カーン、イェンス・レーマン等ゴールキーパーの育成に定評のあるドイツでまとめられた、非常に中身の濃い指導書です。8歳〜18歳のユース年代を中心に、身体的発達を考慮されたトレーニング例を挙げています。写真や図説も満載です!


価格:2,100円(税込)

品番:ISBN:4-469-26583-7第1章 ゴールキーパー・トレーニング
 ■ゴールキーパー・トレーニングの重要性
 ■方法上のアドバイス
 ■メモ

第2章 ゴールキーパー・テクニック
 ■若手ゴールキーパーの育成法
 ■基本の構え
   シュートに対する基本の構え
   クロスに対する基本の構え
 ■グラウンダーのボール
   正面およびサイドでのキャッチ
   フォーリング、サイドのローリング
 ■ライナー
   正面のキャッチ
   ダイビングとサイドのローリング
 ■ハイボール
   正面のキャッチ
   クロスのボールキャッチ
 ■ディフレクティング
   グラウンダー、ライナーのボール
   ハイボールのディフレクティング
 ■フェスティング/プレーの組み立て(フィード)
   ハイボールのフェスティング
   アンダーアンドスロー
   オーバーハンドスロー
   キック
   ボレーキック
   ドロップキック

第3章 ゴールキーパーの戦術の基本要素
 ■ゴールキーパーの戦術トレーニングについて
 ■トレーニングの実践
 ■基本的な戦術要素
   さまざまな距離からのさまざまな強さのシュートに対し、基本の構えをとる
   正面から、あるいはサイドから(クロス)のハイボールに対して
   コーナーキックの際の味方ディフェンダーとの連携
   フリーキックの際の味方ディフェンダーとの連携
   1対1
   1+1対1、1+1対2
   アタッカーへのスルーパスに対して
   1+1対2
   空中戦の1対1について
   バックパスの際のプレー

第4章 U-10(8-10歳)
 ■基礎としてのボール扱い
   U-10(8-10歳)は、ゴールキーパーのポジションの香りを感じる年代
 ■U-10のトレーニングの基本原則
   多面的なスポーツ経験を積ませる
 ■ゴールキーパーのプレーへの導入
   コーディネーションの習得と動きづくり

第5章 U-12(10-12歳)
 ■U-12:目標をもったトレーニングの開始
 ■テクニック能力
   基本姿勢
   グラウンダーのボールに対するキャッチとローリング
   ハイボールのキャッチ
   グラウンダーのボールに対し、倒れ込み/サイドへのローリング
   手からのボレーキック、ドロップキック
   年齢に即したウォームアップ
 ■個々のテクニックの実践的練習フォーム
   ライナーのボールキャッチ(正面およびサイドからのボール)
   ハイボールのキャッチ(正面およびサイドからのボール)
 ■グラウンダーのボールに対し、倒れ込み/ローリング
 ■スローイング、キック、手から離すボレーキック、ドロップキック

第6章 U-14(12-14歳)
 ■U-14:さらに前進。U-14の発展トレーニング
   U-14年代の特徴
   ウォームアップ
 ■テクニックの能力の習得
 ■ハイボール:正面のハイボールとクロスのハイボールのキャッチ
 ■グラウンダーのボールに対し、フォーリングおよびサイドのローリング
 ■ライナーおよびハイボールに対するダイビング、ジャンプとローリング
 ■ディフレクティング
 ■スローイング、キック、手からのボレーキック、ドロップキック
 ■フィールドプレーヤーの能力:バックパスへの対応

第7章 U-16(14-16歳)、U-18(16-18歳)
 ■最後の仕上げ:U-16、U-18の競技トレーニング
 ■ゴールキーパー・テクニック
   ゲーム形式と練習形式
 ■正面のキャッチ、ハイクロスのキャッチ
 ■グラウンダーのボールに対するフォーリングとサイドのローリング
 ■グラウンダー、ライナー、ハイボールに対するダイビング、ジャンプ、およびサイドのローリング
 ■ハイボールへのダイビング、ディフレクティング、後方へのフォーリング
 ■ジャンプしながらのディフレクティング(フィスティング)・テクニック
 ■トレーニング・セッション例

第8章 トレーニング用具
 ■リバウンドネットを用いた練習フォーム
 ■ゴールキーパー・テクニックの練習フォーム

 ■日本のGK育成養成プロジェクト







数量 










2006年09月17日

完全GKマニュアル

50_1s_15.jpg


GKに必要なトレーニングを完全網羅!
ゴールキーパーの哲学、基本の技術、戦術、初心者・リハビリトレーニング、シチュエーション・サーキットトレーニングまで、幅広くわかりやすく指導!明日からの練習に、そして実践にすぐ役立つノウハウが満載。

〜収録内容〜
第1章 GKとはなにか
第2章 テクニック
第3章 ウォーミングアップ
第4章 シチュエーショントレーニング
第5章 GKの戦術
第6章 フィジカル&バリエーショントレーニング
価格:2,625円(税込)

品番:ISBN:4-88293-261-X





数量 





















広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。